トップ / 中古の自動車を買う場合には

中古の自動車を買う場合には

自動車の役立つお話

計器

中古自動車の選び方について

中古自動車を選ぶ場合は、年式と走行距離、そして修復歴の有無が重要です。年式が新しく走行距離が少ない、そして修復歴もない、より新車に近い状態がベストですが、当然価格が高くなります。そこで予算内において、より年式が新しく、より走行距離が短い中古自動車を選ぶのがポイントになります。修復歴があると相場よりもかなり格安で販売されています。走行に問題がなければ、修復歴があるクルマを選択するのも手です。また年式が新しくても走行距離が極端に多いクルマは避けた方が無難かもしれません。足回りが固くなっていたり、部品交換など後から費用が発生する可能性があります。

中古車の耐久性は高い

中古自動車は新車と比べるととても安く購入することができるのが魅力です。そのために新車では資金不足で購入できないようなクルマでも、中古であれば手に入れる可能性もあります。年式が古くなっても、最近の車は耐久性が上がっているので、問題なく乗ることができます。消耗部品の交換など、最低限のメンテナンスを行っていけば、10年以上乗り続けることはそう難しいことではありません。飽きが来なければ、そのままさらに乗り続けることもできます。自動車の走行距離も10万キロ程度ではエンジンも足回りも特に問題はありません。足回りが固く感じるようなら、サスペンションを交換すれば良いでしょう。

↑PAGE TOP